今すぐ始める!ITエンジニアになるには

情報システムは、ITエンジニアのみならず私たちの生活にとって無くてはならないものであり、暮らしの様々な場面で情報システムが活用されています

特集ページ

情報化社会の進展

近年、ITシステムは、私たちの市民生活や企業活動に深く普及しており「情報化社会」とよばれています。ITシステムは、今や私たちの生活には無くてはならないものとなり、日々の生活を支えるものとなりました。この情報化社会は今後どうなっていくのでしょうか。

情報化社会の進展

LINEで送る

ユビキタス社会

「ユビキタス」とは、ラテン語で「いたるところに存在する」という言葉が語源になっているそうです。私たちは、ITシステムの進化によって、「どこにいても」「どんな情報」にもアクセスすることが可能になりました。例えば、携帯電話を使ってどこにいてもWEBサイトから必要な情報を検索することができますし、買い物をすることさえもできるようになりました。他にも、全国どこにいてもコンビニのATMを使って現金を引き出せるなど、暮らしのほとんどがネットワーク化され簡単に利用できる世の中になりました。
このような現代を「ユビキタス社会」とよびます。ユビキタス社会はITの進化無くしては成し得ることができないものです。今後は、アクセスできる情報が更に増え、ネットワークの速度も上がっていくことが予想されます。

情報化によって

ITが浸透し、情報化が進むことで私たちの生活はどのように変化していくのでしょうか。人類の歴史では、農業の時代や工業の時代を経て現代があります。それらの時代では、まだ情報の伝達技術が確立されておらず、「情報の重要性」についてそれほど重要視されませんでした。21世紀に入り、本格的なインターネットの普及とハードウェアの進化によって、ほとんどの人がネットワークとつながる術を手に入れました。それから、「情報の時代」がスタートしたのです。
情報化社会となった今、情報そのものに価値が生まれるようになっています。「早く伝える」「遠くまで伝える」ということはもう重視されることはなく、「何を伝えるか」に注目が集まるようになってきています。

情報化の本質

情報化には、本質があります。それは、「効率化」「ボーダレス化」そして「中抜き化」です。情報化社会になり、情報が伝わる速度が飛躍的に向上しました。それは、企業や国家に対して時間的効果とコスト削減をもたらしました。また、情報は国や企業を超えて全世界へ発信できるようになり、簡単に様々なボーダーを超えるものになりました。そして、情報が直接的かつ、相互的にやりとりできることによって産業構造の変化をもたらしています。
今後、この「情報」を戦略的に活用できるかどうかによって、企業や国家の競争力を高めることができるかが決まるでしょう。すなわち、勝ち残れるかどうかは、「情報」の本質を知り、どう付き合っていくかにかかっているのです。

おすすめの各テーマ

今すぐ始める!ITエンジニアになるには

Copyright © 2014 今すぐ始める!ITエンジニアになるには All Rights Reserved.