今すぐ始める!ITエンジニアになるには

「それなりの愛着」では不完全燃焼のまま。一流になるには本気で情熱を持ち徹底的に努力する才能が必要

特集ページ

一流のエンジニアになるための努力する才能

次々に新しい技術が生まれ、あっという間に普及するIT技術に追随して操っていかなければならないのがITエンジニアという職業です。ITエンジニアになるときにも多くの勉強が必要ですが、ITエンジニアとしての道を歩きだした後もずっと自己研磨の努力を継続する必要があります。その努力をやめてしまえば、一流なエンジニアとして生き抜くことはできないでしょう。

一流のエンジニアになるための努力する才能

LINEで送る

努力せずに一流エンジニアになることはできない

優秀なエンジニアは常に最新の技術に触れ、情報を仕入れ、自己スキルを磨き続けています。IT技術者に関してはもちろん向き不向きはあるかもしれませんが、その優劣をわけるのは努力であると言って良いでしょう。

努力をやめたエンジニアの行く末

ITエンジニアという仕事は、今まだこの世の中にない革新的な何かをつくれるという可能性を秘めた夢のある仕事です。モノづくり精神や創造力、知的好奇心を刺激する職業であり、エンジニアになりたての頃は、何らかの理想や熱意を抱えている人も多いでしょう。しかし、企業に所属し、組織人として働くエンジニアは、ITエンジニアであると同時にサラリーマンでもあるわけです。サラリーマンとしてエンジニアの仕事をこなす日々は、モノづくりに対する熱意をそぐ何かも秘めています。プログラミングやシステム設計という開発業務自体は好きでも、なかなか思うようにはいかないもの。そんな日々を過ごすうちに、努力をする気力もなくし、徐々に、淡々とただ適当に処理をするサラリーマンエンジニアに成り下がっていきます。そのようなサラリーマンエンジニアは、IT技術の進化に取り残されてしまいます。

努力を継続するコツ

だからといって、「努力しようと努力をする」のは、難しいものです。では、どうすれば良いのでしょうか?努力を継続させるためのてっとり早い方法は、情熱を傾けて夢中になること、のめりこむことが一番です。今の環境で情熱を傾けられる要素が無いのであれば、自ら環境を変えるよう行動することをおすすめします。環境を変えるという意味で一番わかりやすい例は転職です。もちろん、必ずしも転職すれば解決する問題ではありません。エンジニアという仕事自体は好きだという認識があるのであれば、情熱を傾ける環境をつくる方法は必ずあるはずです。
本気で向き合い、自ら夢中になってのめりこんでしまえば、努力を努力とも思わずに突き進むことができるものです。 どうも不完全燃焼で、やっつけ仕事をしているなと感じ悩んでいるなら、自分自身が情熱をかたむけられる何かを探してください。

おすすめの各テーマ

今すぐ始める!ITエンジニアになるには

Copyright © 2014 今すぐ始める!ITエンジニアになるには All Rights Reserved.