今すぐ始める!ITエンジニアになるには

プログラマ、システムエンジニア、プロジェクトマネージャなど。ITエンジニアの主要職種一覧をご紹介

特集ページ

ITエンジニアの職種

ITエンジニアも専門分野に分かれており、名称も仕事内容も異なります。まずは、主なITエンジニアの職種一覧を見てみましょう。

ITエンジニアの職種

LINEで送る

ITコンサルタント

システム開発をしようとするときに、依頼する企業に専門家がいない場合もあります。そのようなときに、開発会社と発注企業の間に立って、どのようなシステムにしたらよいのかのアドバイスを行います。ITに関する広範囲な知識や経験が必要な職種です。
また、クライアント企業の業務内容や業務フローをよく理解している必要があり、ITのみならず経営に関する知識も必要になります。

システムエンジニア

システムエンジニアという職種は、使うタイミングや企業によってその内容は異なります。一般的な定義としては、システムを設計するエンジニアをいいます。システム設計は、クライアント企業の業務内容を分析し、要望を満たすシステムをどのように設計・開発すればよいかを考える仕事です。要望を汲み取るコミュニケーション能力が必要となります。また、プログラミングやネットーワーク、データベースなど、ITシステムを構成する様々な分野の専門知識が必要で、プログラマからシステムエンジニアにステップアップするのがほとんどです。
ITシステムは、開発後も運用・保守が必要になるものです。トラブルが発生したらすぐに対処しなければなりません。このようなシステムを継続的に運用するための仕事もシステムエンジニアが行うこともあります。

プログラマ

システムエンジニアが作成した設計図(仕様書)に基づいてプログラムを開発する職種です。最近ブームのスマホアプリもプログラムの一つです。ITシステムとは、複数のプログラムが複雑に連携して複数の機能を提供しています。
プログラムは、プログラミング言語から作られます。プログラマによって、使えるプログラミング言語に違いがあります。広く一般的に使われるプログラミング言語を使えるプログラマは、需要が高く収入も高くなるようです。

プロジェクトマネージャ

システム開発のスケジュールを管理したり、開発コストを予算内に収めるためのマネジメントをする仕事です。一般的には、プロジェクトマネージャという役割だけを行うことは稀で、システムエンジニアや上級プログラマが兼任することが多いようです。システムに関する知識も必要ですが、状況を把握し、判断するスキルも必要とする調整力が何よりも求められる仕事です。管理職の人がこの仕事を行う企業もたくさんあります。

おすすめの各テーマ

今すぐ始める!ITエンジニアになるには

Copyright © 2014 今すぐ始める!ITエンジニアになるには All Rights Reserved.