特集ページ

ITエンジニアについて

まずはITエンジニアという仕事について具体的に解説します。ITエンジニアとは、コンピュータにまつわる専門知識を持つIT系の技術者のことを言い、プログラミング言語を用いてプログラミングをするプログラマから、ITシステムの企画や設計を主な仕事とするシステムエンジニアなど、いくつかの職種にわかれます。

ITエンジニアの仕事

プログラマやシステムエンジニアなど、ITエンジニアと呼ばれる技術者の主な仕事は、コンピュータテクノロジーを駆使して何らかのITシステムをつくりあげることです。システムの規模や内容にもよりますが、往々にしてITシステムの開発には多数の人員と様々な知識が必要になります。このITシステムをつくる過程と、そこに関わる人々の役割分担を、家作りにたとえてわかりやすく解説します。ITシステム開発のおおまかな流れや、プログラマとシステムエンジニアの違いなど、何となくぼんやりしていることも、家作りにたとえて見ていくとわかりやすいと思います。 詳しくはこちら

ITエンジニアの職種

IT関連の専門技術者であるITエンジニアは、その担当分野によってプログラマやシステムエンジニアなど、さらにそれぞれの職種に分類できます。IT業界で働く人々をのぞくと、一般的に、プログラマとシステムエンジニアの違いを正しく理解できている人はあまり多くありません。システム開発現場で活躍するエンジニアは、主に、プログラマ、システムエンジニア、プロジェクトマネージャなどの職種にわかれます。これ以外に、開発現場とは少し離れた部分でITの専門知識を生かして働く職業として、ITコンサルタントやインストラクターなどの職種もあります。 詳しくはこちら

ITエンジニアが不足しているというのは本当か

ITエンジニアには様々な職種があることを紹介してきましたが、どの職種にも共通しているのは、ITに関する何らかの高度な専門知識とそれを操る技術・スキルを有しているということです。専門技術者であるITエンジニアが、現代のIT社会を支えています。今わたしたちの身の回りには、ありとあらゆるIT技術があふれていて、それらをIT技術だと意識することもなくその恩恵にあやかっています。今後ますます、ITの技術は身の回りに浸透していくことでしょう。そんな中、それを実現するITエンジニアの数が圧倒的に不足しているといわれていますが実態はどうなのでしょうか。IT人材不足の実情について解説します。 詳しくはこちら

ITエンジニアの今後を考える

今後のIT化社会にも必要不可欠な存在であるITエンジニアという職業。ITエンジニア人材不足がさけばれていますが、今後はITエンジニアの数も増えていくことでしょう。そんな中、これから先、必要とされるITエンジニアの姿について考えてみましょう。IT技術はものすごい速度で進歩し、次から次へと新しい技術がうまれては普及しています。昨今のスマートフォンの台頭やクラウドブームなどを見れば、IT技術の進化の勢いを実感できます。古い技術と新しい技術が混在していくIT社会において、ITエンジニアが持つべき意識とは? 詳しくはこちら

おすすめの各テーマ

今すぐ始める!ITエンジニアになるには

Copyright © 2014 今すぐ始める!ITエンジニアになるには All Rights Reserved.